美容

妊娠線予防オイルの選び方&市販クリームどれおすすめ?

投稿日:

妊娠線ができる理由は?いつできやすい?

妊娠線とは、妊娠中期の5ヶ月頃からできやすく急激にお腹が大きくなり始め皮膚が追い付かずに亀裂が生じてしまう跡です。
人の皮膚は、外側から表皮、真皮、皮下組織の3層で形成されており、特に真皮に亀裂ができてしまい肉割れのような状態になります。

妊娠線初期の特徴として、主に赤紫色をしひび割れや放射状といった形で現れます。
妊娠線ができやすい場所は、下腹部を始めバストや腰回り、太もも、二の腕など個人差があり実際に妊娠線ができる妊婦さんは多いです。

しかし、できることなら妊娠線を防ぎ跡を残したくはありませんよね。では、妊娠線を予防することはできないのでしょうか。

妊娠線は完全に消えるのか

妊娠線は、妊婦さんの半数以上の方にでき特に経産婦さんは8割以上の確率でできやすいと言われています。
妊娠線は赤紫色の後時間が経過すると白っぽくなり、表皮までの亀裂だと徐々に綺麗になることもありますが真皮まで到達してしまうと一度できた妊娠線は完全に消えることはできません。

実際に妊娠線ができた体験談

私は、妊娠線はお腹にできやすいことは知っていましたが他の場所にもできることは知りませんでした。
そのため、お腹だけは気を付けていましたが結果として太ももに妊娠線ができてしまいました。
妊娠中にしっかりと勉強をしていれば防げたかもしれないと思うと、事前にしっかりと予防することが大切です。

妊娠中期からお腹が大きくなり始めますが、妊娠中の急激な皮膚の伸び以外にも妊娠線ができる原因があります。
それは、妊娠初期にあった悪阻は中期から治まり始めその後食欲が増していき体重が増加しやすくなります。
この時に注意をしていないと急激に体重が増加してしまいそれと伴って皮下脂肪が増えより妊娠線ができやすい状況をつくるのです。

また、元々身長が低い人や多児妊娠をしている方はより妊娠線ができやすいといわれています。

妊娠線を予防するケア方法

体重管理に気を付ける

妊娠をすると担当の医師や看護師の方から妊娠中の体重管理についてお話しがあります。
この時に、自分の目標体重増加量が何kgまでなのか知ることができ自分で体重管理を行っていきます。
普通体型の方の多くは8~10kgで抑えるように言われますが、自分で心掛けていないと妊娠中は脂肪がつきやすくなっているため急激に体重が増加するので注意が必要です。

妊娠線予防のケア用品を活用する

妊娠線にはホルモンも関係しています。
そのホルモンとはステロイドホルモン(グルココルチコイド)といい、妊娠中に分泌量が増加し肌の再生を抑制してしまう働きを持っています。
よって、肌の弾力性が減少してき保湿力も失われてしまい乾燥肌になりやすくなります。
その肌の状態にしたまま何もケアをしないと皮膚の亀裂が生じやすく妊娠線ができやすくなるため、それを防ぐには水分と油分を補うことです。

そこで、肌の保湿力を高め乾燥を防ぐために活躍するのが妊娠線予防のケア用品としてオイルやクリーム、ローションの使用をおすすめします。

妊娠線オイル、クリーム、ローションの違い

それぞれのケア用品の違いは、まず油分と水分の配合です。

オイル:油分でできている
クリーム:油分と水分のバランスが良い
ローション:水分を多く含む

など、製品により多少異なりますがこのように特徴があります。

また、使用する上でメリットデメリットもございます。

オイル

メリット
・油分でできているため保湿力が高い
・よくのびる

デメリット
・クリームよりも匂いが強く独特な肌触りのものがある

クリーム

メリット
・油分と水分を含んでいるため肌になじみやすい
・オイルよりも匂いがやわらかい

デメリット
・オイルよりも浸透力は欠ける

ローション

メリット
・水分が多いため塗ってもさっぱりしている

デメリット
・保湿力には欠ける

このように種類によってメリットデメリットがあります。
この特徴を使い分けることで肌の浸透力を高める方法をご紹介します。

オイルやクリームを合わせて使う

普段、化粧水をつける時化粧水の後に油分の多い乳液やクリームを塗ります。
これは、妊娠線予防の時も同じです。
お風呂上がりは水分が肌に浸透しやすい状態のため先に水分も含むクリームを塗ってから油分の多いオイルを上から塗ることでより保湿力を高めることができます。

また、妊娠線ができやすいお腹にオイルを塗り、他の場所はクリームを塗る塗り方もおすすめします。
どちらも用意するのはコストが気になるという方は、オイルのみでも可能ですがお風呂上りに使用しましょう。

妊娠線オイルを使用する時の注意点と選び方

・オイルの特徴と成分

オイルは肌に塗りやすく少量でもよくのびます。
他と比較して保湿や浸透性に優れているため、マッサージをしながら塗り込むことで皮膚がよく伸びより妊娠線予防を高める効果があります。

・注意点

オイルに含まれている成分の中でトルエン、ハイドロキノン、サリチル酸、パラベン、トレチノイン、アキュテインなどの成分があります。
これらは、敏感肌の妊婦さんには刺激が強く現れる可能性があるため成分配合にも気を付けましょう。
しかし、これらの成分はほんの微量なので妊婦さんの体やお中の赤ちゃんにも影響はないといわれています。
海外製は匂いも強く中には匂いが…と感じてしまう方もおりますよね。
肌に優しい刺激の少ないことも大事ですが自分の好みに合った匂いのオイルを選ぶこともポイントです。

・選び方

オイルは海外製のものだと値段が比較的高い傾向があります。
できれば、低価格で量が多く長く使える商品が良いですよね。
オイルは1日1~2回使用するため高値の商品ではなくても気兼ねなく使える低価格な商品のオイルでも保湿力は高められます。

オイルの効果を高めるベストタイミング

・お風呂上がりに塗る!

お風呂上りは、肌から油分が流れてしまっているため何もケアしないでいると乾燥を促し妊娠線ができやすくなります。
そうならないために、オイルで油分を補い保湿をすることが大切です。

・2回以上塗ることを心掛ける

朝とお風呂上りの2回は必ず塗るようにしましょう。そうすることで、1日中肌が保湿されているため乾燥を防ぐことができます。
習慣化するためには、目につきやすい洗面所などに用意すると効果がでやすいです。

・塗るときの一手間で保湿効果を高める

オイルはまずは手のひらに数滴垂らし、ひら通しでオイルを温めましょう。
たったこの一手間でオイルの浸透力を高めることができます。
また、オイルを塗るときはリンパに沿って塗ると体のむくみやたるみの防止にもつながります。
妊娠中は体を冷やさないことが大切のためリンパを流すことで血のめぐりを良くし体を温めるようにしましょう。

妊娠線ケアにおすすめのオイルランキング

DHCオリーブバージンオイル

本当に一滴でお肌に蓋ができるので、簡単で良い。手のひらに一滴落として、全体的に伸ばしたら顔を手のひらで包み込むように押さえてオイルを付けるのがおススメ。

ヴェレダ アーモンドフェイシャルオイル

なんといってもオーガニックオイルなのが安心。この瓶も可愛くてお気に入りです。このフェイスマッサージをして蒸しタオルを顔の上に置き、仕上げに軽く拭き取ると、お肌がもっちり生き返ります。

クナイプグレープフルーツオイル

安いのに、伸びがいいしグレープフルーツの香りがいい!リピートして買ったくらい私の中では一番いいオイル。

サントリービトアズ

サントリーの製品でどうかな、なんて思ってたけど、とっても使いやすくてよかった!肌に染み込む感じと、続けていくとホントに変わる!とにかくオススメ♪

-美容

Copyright© 美容部員ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.